買取業者がお互いに競合してくれることが最大のメリット

中古車を売却しようとする場合、やはり一番気になるのが一体いくらで売れるのだろうかということでしょう。

特に新車への乗り換えの場合は、売却額が新車購入の資金計画に影響してきますので、真剣にならざるを得ません。

そこでまずは専門店などに査定をしてもらうことになると思いますが、実は、この何の予備知識も無しにいきなりプロに査定をしてもらうというのは、結構危ない面があるのです。

彼らは、ボランティアで中古車買取りをやっているのでなく、ビジネスとしてやっていますから、当然ながら仕入れである買取の価格は少しでも安くしようとします。

安く買い取って高く売ることが会社の利益になるのです。

ですから、自分の車の査定相場について全く知識がない状態で車買取店に行ったとしたら、あなたの車を安く買い取ることなんて査定マンにとっては赤子の手をひねるようなものでしょう。

「それじゃ一体どうすればいいの?」と言われそうですが、このような状態にならないようにするための手立ては、他の車買取店と競争してもらうしかないと思います。

1店だけとの買取り交渉だと、競合相手が無くオーナーも相場がわからないという状態ですから、買取りのプロにとってはやりたい放題になってしまうでしょう。

しかし一箇所でも競合相手があり、オーナーから「さっき行ったA買取店では○○万円の査定でしたよ」と言われると、まったく様子が違ってくることになります。

車買取店というのは、車を買い取ってナンボの商売ですから、あなたの車を買い取るためにはA買取店よりも高い値段を付けなければなりません。

このように、1店だけの交渉から複数店との交渉に切り替えるだけで、売る側と買う側との優位性が逆転してしまうのです。

このようなやり方をネットを活用してさらに推し進めたのが一括査定だと言っていいでしょう。

一括査定というのは、ご承知のようにネットからの申込みで最大10など数多くの車買取店に一括して査定依頼を行える無料サービスです。

一括査定の良い点は、すべての業者がお互いに競合すること、つまり一番高い査定額を提示しなければ買取りできないということを最初から承知の上で査定に臨むということです。

「少しでも安く買い取る」というスタンスから「他の業者より少しでも高い値段を付ける」というスタンスに変わることの効果はかなり大きいと思います。

オーナーがどんな素人でも「買い叩く」などという余地は最初から排除されてしまいます。

また、一括査定なら事前に査定相場を調べるなんてことをする必要もありません。

最初から業者同士がそれぞれの限界近くの価格で競争してくれるのですから、ただ一言「一番高い所に売ります」と告げるだけでいいのです。

一括査定では、むしろ、車についてほとんど知識が無く相場なんて見当も付かないといった人、例えば若い女の子などの方が車買取店にとっては手ごわい相手になるとさえ言われています。

一括査定の普及により、車買取店にとっては以前に比べて車の買取が厳しくなったことでしょうが、私たちオーナー側にとっては非常に好ましい状況になってきたということになります。


このページの先頭へ