日割計算と任意保険の車輌入れ換えにご注意

自分が所有している車を売却した場合、自動車保険はどのようにすればいいのかについて整理して見ましょう。

自動車保険は自賠責保険と任意保険の2つがありますが、各々の保険はどのようになっているのかを売却を機会に確認をしてみるといいでしょう。

まず強制保険である自賠責保険についてです。

自賠責保険というのは法令により強制的に加入しなければならない最低限の保険です。

この自賠責保険は、車検のときに更新され保険料も2年分が車検費用の一部として支払われる仕組みになっています。

つまり新車購入のときは最初の車検が3年であるため3年分の保険料を支払い、次からは車検期間に応じて2年分ずつの保険料を車検時に支払います。

自賠責保険については売却の日時が確定すると保険期間の残りに応じて保険料が日割り計算されることになっています。

日割り計算によって還付金が発生し保険料の一部が戻って来る場合もありますので、見落としのないよう確認が必要です。

ただし、廃車をしてしまった場合はこの日割りによる還付金は発生しませんので注意するようにしましょう。

次に任意保険です。

「自動車保険」と呼ぶ場合は狭義ではこの任意保険を指す場合が多いかもしれません。

法令で加入を義務付けられている自賠責保険と異なり、任意で加入する保険です。

この任意保険の場合は、もし廃車にした場合でもきちんと日割り計算がされて還付金が戻りますので忘れないようしっかりと頭に入れておきましょう。

また車を売却して新しい車に乗り換える場合、自動車保険を解約しないという選択肢もあります。

売却した後でも新たに自分が保有する車の任意保険として引き継ぐと言うパターンですね。

この場合、任意保険では「車両の入れ替え」という手続きが必要となります。

この手続きをしていないと新しい車による事故等で保険金を請求しても保険金が出ないことになる可能性が高いので注意が必要です。

車を乗り換える場合、この車両入れ替えの手続きを忘れているケースが結構多いようです。

新車気分でうきうきし、つい手続きを忘れてしまうのでしょうか。

次の更新まで事故が無ければいいのですが、もし保険請求しなければ賠償できないような事故があると大変なことになってしまいます。

せっかく払っている保険料が無駄になるなどということっだけでは済みません。

もし人身事故などを起こしたら、その賠償のために人生が狂ってしまうということにもなりかねません。

くれぐれも忘れないよう注意してください。


このページの先頭へ