"> 車を売却するときの名義変更

個人売買のときの名義変更手続きは大変

車を手放すときに意外と煩わしい思いをさせられるのが車の名義変更の手続きです。

特に業者が間に入らない個人間の売買の場合は、すべての手続きを二人の手によって行わなければならないので、なかなか大変です。

下取りや車買取店の買取の場合は業者がやってくれるのですが、必要書類の中には揃えるのに時間がかかるものもありますので、契約当日になってあわてることのないよう事前に確認して必要なものを準備しておいた方がいいでしょう。

具体的には、まず売却を受ける側には車庫証明書をとらなくてはいけないという点です。

これは、業者を介する場合には業者がやってくれるので問題は無いでしょう。

また、管轄する陸運事務所が旧オーナーと新オーナーとで異なる場合はナンバープレートの変更も必要になりますので注意しましょう。

必要書類での注意点としては、車検証、自動車税納税証明書、自賠責保険証が必要になることを頭に入れておき、早めに準備しましょう。

自動車税納税証明書が見つからない場合は都道府県の税事務所、自賠責保険証が見つからない場合は保険会社で再交付が可能ですので、早めに手続きをしておきましょう。

名義変更関連の手続きには費用がかかるものもあります。

ナンバープレートの変更にはおよそ1500円程度の費用が発生しますし、自動車登録手数料として500円ぐらいの費用もかかります。

車庫証明書にはおよそ2000円程度かかりますし、更にリサイクル料金がかかる場合もあるかもしれません。

このような費用については必ず現金で支払いできるように準備が必要です。

車売却に伴う根意義変更の手続きは、正しく行われていないと自動車税(軽自動車税)旧オーナーの方に請求されてしまうというとても重要な手続きです。

個人間の売買の場合には、これらの費用のほかに陸運事務所への往復交通費や手数料などもかかることになリます。

一度だけ経験がありますが、新旧オーナーが二人そろって陸運事務所に出かけて一挙にやろうとしても半日とか1日とかかかってしまう手続きになります。

業者が間に入る場合は多少不備があっても担当者がアドバイスしてくれるでしょうが、個人売買の場合は一切を当事者同士で行わなければならないので、その段になってからあわてることの無いよう、早めの段階から確認と準備をしておきたいものですね。

<参考>軽自動車を売却する場合の必要書類など

○旧オーナー側の必要書類等

 車検証(原本)、印鑑

○新オーナー側の必要書類等

 住民票、印鑑証明書(発行3ヶ月以内のもの)、印鑑、申請書、軽自動車税申告書


このページの先頭へ