"> 自動車査定基準の標準状態というのはどういう状態か

    

車の査定は、下取り査定であっても買取り査定であっても日本自動車査定協会が定めている査定基準を下敷きにして行われます。

この査定基準は、車の標準状態を定義してその状態からみた査定車の実際の状態の良し悪しによるプラス評価、マイナス評価を加算、減算して査定額を決めると言う仕組みになっています。

たとえば、仮に標準状態とまったく同じ状態の車があったとすれば、その車は加算も減算もなく標準状態として決められた価格がそのまま査定額になるということになります。

言い換えれば「標準状態の車」と「査定する車」とを比較することが車の査定だということになります。

軽自動車など車の査定・評価の出発点である標準状態をきちんと定義し、それから加減するポイントも決めることのよって査定作業の標準化を図っていると言うことですね。

では、その標準状態というのは具体的にどんな状態を言うのでしょうか。

その主なポイントを確認してみましょう。

標準状態の定義と言うのは車を評価する「ものさし」のようなもので、具体的には6項目にわたっていて、次のように定義されています。

①外装・内装に傷がないこと

②エンジン・足回りが走行に支障なく良好であること

③車検の残り月数は3ヵ月以内であること

④走行キロ数が標準走行距離であること

⑤タイヤの残り溝が1.6mm(スリップサイン)以上あること

⑥事故による修復歴、損傷減価要因、改造工作がないこと

まさにスタンダードといった感じですね。

この「ものさし」を査定する車に当てて、たとえばボディーの傷があればキズの状態によって決められた点数を減点し、車検の残期間が3ヵ月より多ければ決められた点数を加算するという具合に一つ一つチェックし、トータルの査定額を算出するというわけです。

また、査定士が車をチェックするための「標準的な検査手順」というのも示されていて、人によってチェックに大きな差が出ないように工夫されています。

この標準的な検査手順というのは大体次のようになっているようです。

①外周一巡⇒ナンバープレート、全体の印象

②運転席、室内⇒車検査証・保険証、走行キロ・装備品、内装の状態

③エンジンルーム⇒車台番号、ネームプレート、修復歴・部品交換跡等

④車体前部⇒前部及び下回り、フロントガラス

⑤車体側面⇒側面外板及びピラー、下回り

⑥車体後部⇒後部外板及びトランクルーム内、下回り

⑦ルーフ : ルーフパネル及び各ガラス

査定そのものはディーラーや車買取り店の査定士の資格を持つ人が行うものですが、査定を受けるからにはオーナとしても愛車の品定めである査定が基本的にどのような仕組みで行われるのかを知っておいた方がいいでしょう。

また、このような査定の仕組みが分かれば、愛車の状態を見ることにより「標準状態から見れば減点要素が多いので相場より安くなるかもしれない」という程度の見当がつけらるようになると思います。


このページの先頭へ